藤田元の、こだわり不動産投資

僕が実践している、こだわりの不動産投資法をお伝えします。

月別: 11月 2017

不動産投資が副業に適している理由

不動産投資は、不動産会社や管理会社にほぼ全てを任せることができるので、アパートなどを貸す賃貸経営は何もしないで収入を得るという望みを実現してくれます。「サラリーマンを続けつつ、賃貸経営でも稼いでいる」という人も大勢いるのは、そのためです。

不動産投資においては、自己所有の不動産を売買するということもありますが、こういったバブル景気時期のような売買差益を獲得することを第一に考える投資じゃなく、確実に家賃回収で収入を得るという簡潔明瞭な投資です。

成功者の多い不動産投資ですが、期待通りにいかないこともあります。その理由と申しますのは、あちこちにある物件を内見しないまま、軽々しく選定して買ってしまうからだと思います。物件購入の際は、必ず自部の目で物件や周辺環境を確認し、物件を正しく評価できるようにしましょう。

不動産投資で重要な利回りには、満室状態での年間の賃料の総額を基に計算するグロス利回りというものと、コストを差し引いて計算する実質利回り(ネット利回り)というものの2つに分類されています。利回りをしっかり理解することは、不動産投資の成功には欠かせない要素ですので、しっかりと理解しておきましょう。

収益物件と言われるのは、月毎に決まった額の家賃収入を見込むことができる投資物件のことです。アパートや賃貸マンションなどが対象なのですが、ちゃんと予備知識を入れておかないと残念な結果に終わります。

首都圏オンリーだと言えそうですが、不動産投資セミナーは至極人気です。一般論としてはマンションなどの賃貸料が収益となる不動産投資は危なげがなく、ヤングの心性にマッチするのだろうと想定されます。

不動産投資をするなら、信頼のおける営業担当と付き合うことが重要なので、資料請求を通じて担当者と顔見知りになれるのは、随分価値があることだと思います。

不動産投資については、物件を生で確認した数がキモでしょう。そういうこともあって、しばらくは魅力のない物件ばかりで嫌になるかも知れませんが、資料請求をすることは基本と言えるのです。

不動産投資とは、一般的に家賃としての収益を手にすることですが、収益を維持し続けるには物件の保守が重要になってきます。ただしその保守点検など、手間のかかる業務は不動産会社に任せることができます。

多くの業務内容を管理会社に任せることができるので、本業を持っている不動産投資のオーナーが行なうことは、必要なときにローン枠がもらえるように、無駄な借金を背負い込まず、集中して本業に向かうことです。

マンション投資におきましては、価格が安めになっている中古物件への関心が高まっていますが、建築後何年ぐらい経っているのかということは確実に把握することが必要です。RC造りのようなしっかりした構造物でも、せいぜい80年が建物の寿命なので、全部で収入はどれくらいになるかは築年数がポイントになります。

投資をしたい人にマンション投資が評価される理由は、投資信託などのように毎日相場に気を取られることがないからなのでしょう。ただしマンション投資を始めようと思っても、近ごろはとてもじゃないが買えない状況が続いているようです。

昨今、物件価格が非常に高騰しており、それに伴い利回りも低下しています。先日売却した鳥取の一棟マンションも、購入時の約1.5倍で売却することができました。今は買うことよりも、所有している物件を売るか、将来の物件購入に備えてキャッシュを蓄えておくのに適した時期だと思います。売却をご検討の方は、ネットで様々な予備知識が得れると思うので、積極的に情報を得るようにしましょう。

プロが教える、鳥取で不動産を高く売却する方法
http://www.不動産売却鳥取.xyz/

サブリースは、マンションとかアパートといったものの賃貸経営における「不動産業者による一括借り上げ」とか「空室保証」のことなどを指していますが、正確にはサブリース会社がリースした物件をさらに貸すこと、一言で言えば転貸借のことです。一見便利なサブリースですが、リスクもありますので、しっかりと調べて理解した上で活用するようにしましょう。

不動産で資産を活用できる収益物件としては、既に居住している人がいるオーナーチェンジ物件など、購入した時点から家賃がもらえるようなものも目に付きます。収益の面ではいいのですが、短所として、室内の内覧は不可能だと承知する必要があります。

マレーシアなどの海外不動産投資を行なう際に忘れてはならないと言えることは、為替の変動なのです。何とか賃料が入ってきても、現地通貨が下落したら、その投資は失敗と言えるでしょう。

物件の保守は必要不可欠

一般的な不動産投資では、賃料から発生する収益を確保することですが、収益の維持を保つには物件の保守が必要不可欠になります。とは言えメンテナンス業務など、ほぼすべてを不動産会社が受託してくれます。

アパート等の賃貸経営をしている人は、入居者を募ることやら退去に伴う手続き、もっと言うと定期的な点検や必要な修理といった必要な管理業務を、業者に外部委託しています。

アパート経営に乗り出す際に、新築物件で始めるケースもありますが、中古物件を買い取って始めるケースもあって、とりわけ立地や交通の便にも気を配っている物件はいつも引く手あまたです。

アパート等で賃貸経営をする場合、物件の見極めさえ間違わなければ、先々まで収益を得ることができると思われます。そういう意味では、非常に不安が少ない投資だと言っていいでしょう。

アパート経営の利点は、マンション投資について回るような「地域特性に左右されることが皆無に等しい」ということでしょう。マンション棟数が少ししかない地方であっても、その地にある物件に投資して大丈夫です。

アパート経営は、最悪でも一回に複数の入居者からの家賃収入を得ることができるので、同じお金を出資する場合でも、マンション経営より収益性は高いと断言できます。

マンション投資は、建物の寿命が80年ぐらいはあるところも評価されるポイントですが、買っても良いと思う物件が出てきた時には、何を差し置いても大きな修繕の時に使用する修繕積立金に不自然さはないかを確かめてみることが必要です。

マンション投資においては、購入価格が抑えられて利回りの良い中古マンションを選ぶ方が多いわけですけど、中古であろうと、最寄駅から徒歩10分以内の買い物や通勤・通学に都合の良い場所に建てられていることが必須です。

アパートなどに投資する不動産投資では、その物件は儲かるのかどうかを吟味する際利回りを気にする人が多いですが、利回り算出方法としてはいくつかパターンがあり、若干面倒くさいものも存在しています。

不動産投資で資料請求をしたとしても、掲載してある利回りの数字だけで判断してはいけないと考えた方がいいでしょう。記載されている利回りが、家賃の値下げ交渉をされるかも知れないことなどは知らないふりをしているのが普通だからです。

サブリースとは、アパートやマンションといった不動産の賃貸経営で用いられる用語で、「不動産業者による一括借り上げ」とか「空室保証」のことを言うことが多いのですが、言葉の定義としては不動産会社から実際の入居者への又貸し、平たく言えば転貸借だと考えていいでしょう。

空室の悩みがないサブリースは、アパート・マンションなどの家主とサブリース業者との間で契約締結される転貸借と見なせますので、ごく当たり前のアパート経営とは異なるものなのです。従いまして、サブリースのデメリットも忘れないようにしましょう。

「一括借り上げ」で問題が生じがちであるのは、「一括借り上げ」方式が当事者同士がどちらも事業者の契約と考えられるので、大家は消費者契約法では保護されないということと、宅建法で定められた売買契約とは違うので、重要事項説明が不要であるからだと考えられます。

不動産投資の投資家は物件が良いものかどうかを判別するという段階で利回りを見ます。ただし利回りには幾つかの種類があり、実際に即したものを確認したい場合は実質利回りと呼ばれているものが便利です。

不動産投資はどんなものだろうと資料請求してみても、なかなか好感触のものが見つからないというのはありがちです。手を出しにくい物件が多いということは、利回りを確かめるだけでも明々白々としています。

不動産投資は本当に手堅い投資なのか?

不動産投資の推奨ポイントを1つあげるとすると、実際のところ非常に手堅い投資であろうということになると思います。一言で不動産投資を表すと、家賃収入を得るという極めてシンプルなものだと言えます。

不動産を貸す賃貸経営には、アパートあるいはワンルームのマンション経営があります。しかしながらアパマン経営で気に掛けなければならないものとして、空室対策があるのです。

マンションなどの賃貸経営の場合、物件の取得で助けてもらった不動産会社に、そのまま物件の管理を委ねるのが通常なのですが、空室対策が十分為されていない時には、ほかの管理会社をあたってみることも一考の価値ありです。

入居者との間に入ってくれる不動産会社とか管理会社にお任せできるので、アパートなどを貸す賃貸経営は苦労なく収益をあげることを成し得てくれます。「サラリーマンの一方で、賃貸経営も続けている」方が多いのも腑に落ちますよね。

不動産投資をしようと資料請求を繰り返してみても、なかなか魅力的なものに巡り合わないのは当たり前のことです。良質な物件の希少さは、利回りを確かめるだけでも明らかだと思います。

海外不動産投資などというのは、バブルの時期の強気の不動産投資を彷彿とさせ、忌まわしい思い出を持っている方は極めて危なっかしく感じるはずですが、それはとても常識的なセンスだと言って間違いありません。

不動産投資セミナーというものに関しては、中古物件に関するセミナーしかないと信じているかも知れませんが、土地を購入することも盛り込んだ新築アパート経営について教えてくれるセミナーなんていうのもあるようです。

マンション経営を考えるなら、投資をおしまいにする時のこともあらかじめ考慮しておくことが求められます。最悪の事態があったとしても、なお資金に余裕がある人であれば、マンションを買ってはどうでしょうか。

家賃を収入源とする不動産投資においては、収益物件の査定をするようなときに利回りと称される数字を参考にするのが常ですが、中でも年間の賃料から管理費などを引き、これを物件の価格で割った「実質利回り」が使われているみたいです。

マンションおよびアパートなどの収益物件をチョイスするに際して絶対に見ておくべきなのは、いつごろ建てられたものかということです。築年月日または築年数を明らかにして、1981年施行の新耐震基準で建てられている物件を取得することが重要です。

フィリピンなどの海外不動産投資について考えておく必要があることと言うと、為替変動によるリスクです。仮に家賃が入ったとしても、対日本円の現地通貨の価値が下がった場合、その投資は儲かっていないことにもなります。

不動産投資を考えているなら、自ら物件を検分した数が勝敗の分かれ目です。それを考慮するなら、当面はたいしたことのない物件の多さに辟易とするかも知れませんが、資料請求しまくるということは決定的な意味をもつと言えるかも知れません。

アパート経営の長所は、マンション投資のように「地域特性に影響されることがおおよそない」ということだと思います。マンション自体がそれほど多くないエリアでも、そこにある物件に投資して問題ありません。

不動産投資についての情報については、内容不明の情報商材ではなく発信元がはっきりしているWEBサイトで集めることができます。リスクに関しても説明があるため、それらを参照すれば、未経験者でも投資に挑戦することができます。

不動産投資で稼ぐことを考えると、気に入る物件を見つけることも大切なのですが、頼れるスタッフと出会うこともとても大切なのです。資料請求も自分にうってつけの営業マンに出会うための一つの手段です。

区分投資?一棟投資?

アパート経営の強みとして、どんなに悪くても一度に複数の入居者からの家賃収入を手にできるので、同じ資金を出す場合でも、マンションより利益率は高いとされます。

アパート経営のお勧めできる点は、マンション投資のように「地域特性により異なることがあまりない」ということだと考えています。マンション自体が数えるほどしかない地域でも、その地にある物件に投資可能だと言えます。

アパート経営だけというわけではないですが、アパート経営をする時も幾つもの管理会社があり、それらの中にはオリジナルのアパート向け融資を有しているところも見かけます。

不動産の賃貸経営における懸案事項である空室対策は、管理会社の人たちと家主が話し合いを持つでしょうが、工事に費用がかかることを考えても改装を施すことが空室対策になるはずです。

不動産投資とは、一般的に賃貸契約を結ぶことにより発生する収益をゲットすることですが、収益を安定して維持するには物件を常に維持管理しておくことが必須事項です。でもその保守点検など、大方の部分を不動産会社に頼むことができます。

失敗しない不動産投資の情報と申しますのは、怪しい情報商材などではなく情報提供者が確かなホームページでチェックできます。危うい投資方法についても重要な事項が掲載されているので、それらを役立たせれば、どんな人でも投資家の仲間入りをすることができます。

海外不動産投資は極めていいもののように思えますけど、その物件が所在している国の国内法であるとか取引に関することをしっかりとわかっておくべきでしょうから、やってみたことがない人向けではありません。

マンション経営の善し悪しを見るのに、投資額に対する利益率を指し示す利回りが用いられるのが通例ですが、エリアの違いが大きい物件を利回りの一点で比較することはかなり無茶と言えます。需要が減りつつある地方では、入居者がついてくれないという危険性があり、着実なマンション経営は不可能だと言えます。

マンション経営をしていて好ましいのは、部屋を貸している相手がそのまま買いたいと申し出てくれることだと誰しも思うでしょう。であるとするなら、抜かりなく管理体制の整っているマンションに投資することが望まれます。

いくつもある不動産投資セミナーですが、不動産投資にたけている企業が開くので、その会社が管理している物件の入居率はどれぐらいかを調査してみるのも、質の高いセミナーかどうかを見分けるコツといえます。

マンション投資として、割安の中古物件が評価されているようですけれど、いつごろ新築されたものかという点はきちんと把握しなければなりません。いわゆるRC構造で建てられていても、60年ないしは80年が寿命と言われますから、それまでの間にどれだけ利益があがるのかは築年数から計算できるでしょう。

不動産投資の魅力を一つあげるとしますと、はっきり申し上げてきわめて安定した投資となるということになりそうです。不動産投資を簡単に説明すると、空き物件を作らず家賃回収するだけのわかりやすいものなのです。

収益物件を吟味する時は、投資としての利回りなどを考える必要がありますが、同時にそこに住む人の気持ちになって考えるようにしてはいかがですか?すなわち、生活者の感覚を無視することはできないのです。

一括借り上げで見逃されがちなのは、数年ごとの更新と一緒に家賃が下方修正されることが見込まれ、末長く契約を続けるには、費用がかかるのをいとわずメンテナンス工事を受けることが必要であるということだと聞きます。

不動産投資について資料請求しても、全然素晴らしいものに巡り合うことができないのは不思議なことではありません。良質な物件の希少さは、利回りを弾いてみるだけでも明白でしょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén